雪肌ドロップは妊娠中でも飲めるの?

雪肌ドロップはその名の通り、雪のような白い肌でいたい!という女性の願いを叶えるサプリメント。
一昔前には、お肌をわざと黒くすることが美とする風潮も、一部の間では流行りました。
それでも、ここ数年は美白に重点を置かれているようですね。

 

これからの季節、最も怖いのが紫外線。
紫外線対策としては、これまで日焼け止めクリームが主流でしたが、時代は確実に変わっています。
今は飲む日焼け止めの時代。

 

そこでお勧めなのが雪肌ドロップなんです。
女性のお悩み日焼け止め対策として、かなり効果的な雪肌ドロップですが、女性なら誰でも飲める訳ではないんです。
注意しなければならないのが、妊娠中、授乳中のママ。

 

雪肌ドロップはお薬ではないので、副作用の危険がある訳ではもちろんありません。
安心、安全な成分を誇っていますが、万が一という場合も考えなければなりません。
妊娠中は一番にお腹の子供のために、食事にも気を遣う大事な期間。
そこに日焼け止めサプリを投入するのは、ちょっと違うと思いませんか?

 

妊娠中はお腹の子供にとって、必要なものをたくさんとってほしいという願いも込めて、妊娠中は控えて下さい、ということなんです。
実は、妊娠中はホルモンのバランスが変わるので、しみ、そばかすも出来やすく、お肌も荒れやすい時期です。
そんなお肌に紫外線を浴びると、その影響は妊娠していない人より大きく、ひどいと日光アレルギーになる可能性も。

 

そして、昨今、妊娠中の妊婦さんに、日光浴をすすめる内容が、母子手帳から削除される、ということが起こっています。
妊娠中は日光による健康ケアより、紫外線による悪影響の方が懸念されていて、日光に当たる時間も10〜15分程度にしましょう、と推奨されています。

 

3月〜10月の8カ月間。
この8カ月間も紫外線には常に気を配らなくてはいけません。
寒い時期に長袖を着ていても、紫外線を予防できている訳ではありません。

 

紫外線は室内の窓ガラス越しからも入ってきています。
そうなんです、紫外線はちょっとした隙間でも侵入してくるのです。
完全にシャットアウトするのは至難のわざ。

 

妊娠中、授乳中のママにとっては、紫外線は余計な手間をかける、本当に面倒くさい存在です。
雪肌ドロップを摂取していただけないのは、大変残念ですが、お子さんが断乳されたら、すぐにでも雪肌ドロップに帰ってきてほしいと思います。
それまでは、日焼け止めクリームを上手く活用して、紫外線との戦いに負けないでほしいです。

関連ページ

紫外線対策に効果的なサプリメントなんです
雪肌ドロップはどんな効果があるのでしょうか?塗る日焼け止めと雪肌ドロップの効果の違いとは?
副作用の可能性は?安全なの?
雪肌ドロップは副作用の心配はないの?安心安全副作用知らずの雪肌ドロップとは本当?
子供の紫外線対策に飲んでも大丈夫?
雪肌ドロップは子供が飲むことが出来るのでしょうか?子供の紫外線対策に雪肌ドロップを検討中の方は必見です!
正しい飲み方で紫外線をブロック
雪肌ドロップの正しい飲み方をご紹介。飲み方を間違えると雪肌ドロップの効果は実感できない?
雪肌ドロップの口コミを買う前にチェック!
雪肌ドロップを飲んだ方の口コミはどんな感じでしょうか?口コミは正直なので、本当の雪肌ドロップの効果が分かるのでは?